2017年3月26日 (日)

胃のおはなし。

サーティワンのフォンダンショコラ(期間限定)が
気に入ってしまって、すでに4回ぐらい食べています。
多分3月いっぱいで終了だろうと
昨日食べおさめにするべくサーティワンに行きました。

「フォンダンショコラください。アイスはキャラメルリボンで」

「今トリプルポップをやってまして、3個アイスを買うともう1個アイスがついてきますが、そちらもいかがでしょうか」

何個アイスを食べろと。

アイスなら5個ぐらい平気で食べてしまう人はいるのかもしれませんが、
私は難しいです。
お腹がいっぱいになる、というよりは胃が受けつけないのです。

考えてみると私の日常は、
「食べた食べた、お腹がいっぱい」というより、
「食べすぎで胃が気持ち悪い」しかなかった気がします。

どんだけ胃弱な人生だ。

そう言えば先日の嘔吐の件を
知り合いに話したところ、
「食中毒ではないでしょうか」
というご意見をいただきました。

一緒のご飯を食べた人は平気でも、
免疫が落ちている人や
1人だけ菌が多く含まれているところを食べてしまう場合もあるそうです、

原因と思われる食事は近くの畑でとった野菜を
お外で調理してその場で食べたので、
正直、菌がいつもより多そうだよね!
という感じでした。

もちろん病院に行かなかったこともあり、確証はありません。

ただ、問題の食事を全部吐くまで胃が落ち着かなかったことを
考えると、その可能性は大きいと思われます。
そして、胃で菌を除去できたので、
嘔吐以外の食中毒の症状、腹痛や下痢がなかったとしたら、
私の胃の保護能力高くない!?

とのんきなことを考えてしまいました。

ひとまず二度もあってほしくありませんけど、
次からは病院へ行こう。

2017年3月18日 (土)

不調3連続

1年ほど続いていたスマホの不調がようやく解放された!
(やはり本体に原因があったようです)
と思ったら、今度はインストールしていたアプリが不調。
何度か問い合わせをし、方法を色々試してみた結果、
6日目にして正常に動き、これで良し!
と思った矢先。

日曜日の昼食後にいきなり嘔吐。

吐いた直後は元気になったので、
胃の調子が悪かったのかなー、
ぐらいだった、のですが。

数時間後にまた嘔吐。
また嘔吐。
けれど下痢はなし、熱もなし、意識あり、
家の中なら1人でなんとか歩ける状態。
でも苦しい。

その日は8回吐いて、寝たものの、
なかなか眠れずに翌日、
会社を休むことを決断。
病院に行くようにと勧められましたが、
どんなに吐いても胃液まで出さなかったので、
しばらく自宅で様子を見ることにしました。


食べると吐くので、飲み物だけ摂取。
飲み物までも吐くのですが、
飲み物だと吐くのが楽です。
多分胃液が含まれていないので、
喉は痛くならないという不思議な状態でした。

心配した母は
「吐いても何か口に入れたほうがいいわよ」と
色々勧めてくれました。

「気持ち悪い時はしょっぱいものはどう?」
イカの刺身。
「スポーツドリンク以外の物も飲んでみたら?」
炭酸飲料。
「冷たい物のほうがのどごしがいいんじゃない?」
なぜかハー○ンダッツのラムレー○ン

気持ちだけもらっておきました。
(ちなみに3種類とも母の大好物です)

そして10回目にして昨日の昼食分をすべて吐き終えました。
ここまで残っていたことにすごさを感じます。
本当に消化自体ストップしてたようです。

すると、それで落ち着いたのか、
ようやくおかゆを食べられるようになりました。
けれど1日以上なにも食べずにいたせいで
恐ろしい倦怠感。
翌日も会社を休む羽目に。

色々贅沢言うけれど健康が一番です…。

2017年3月 5日 (日)

チョコパイに似た何か

外国のお土産をもらいました。
パッケージからすると
チョコパイみたいな感じです。
しかし、外国語で書いてあるので正確には読めません。

開封しました。
チョコレートコーティングがされているのですが、艶がありません。
しかもコーティング量は経費削減されているのか、薄いです。

食べてみました。
スポンジ部分にしっとりさはなく、もっさもっさします。
しかも生クリームが入っていると思っていた部分には、
最中のような食べ物が挟まれていました。
水分がまったくありません。
微妙に甘みを感じます。
ひたすらもっさもっさします。

知りませんでした。
日本のチョコレート菓子は値段の安い高いにかかわらず、
品質は高いのです。

日本に生まれて良かったと味わいながら食べました。

2017年2月26日 (日)

スマホの交換

買った当初からなんとなく不調だったのですが、
ここでとうとうスマホを交換することにしました。

まずは携帯ショップの店員さんにスマホの不調を説明。

よくフリーズします。
電話がかかって来ても受け取れないこともあります。
電源が勝手に落ちます。
再起動してもあまり変わりがありません。

店員さんの顔が明らかに疑い顔。
しかし、スマホを操作しているうちに上記のトラブルが出てきます。

「あ、本当ですね」

嘘ついてまで携帯ショップ来ません。
しかも受付できるまで1時間待たされてつらい。

そしてスマホ交換手続きのために
サポートセンターへ電話をかけました。

「スマホを交換していただきたいのですが」
「スマホを落としたり画面に傷はついていませんか」
「画面に傷はありません」
「交換ですが、3月で1年になります。明日から有料になります。今日まで無料で交換できます。それでよろしいですか」
「お願いします」
「わかりました。明日到着するように送ります」

早いな!

ちなみにこの日は2月25日でした。
3月で1年なのに、26日から有料ってどういうことなの。
と、思ってたら、携帯電話会社が25日締めという事に気づきました。
交換してもらおう、と思い立ったのは、昨日の24日だったので、
本当にギリギリの申し込みに自分でもびっくりです。
思い立ったら吉日って本当だ。

しかし、交換は無料でもデータ保存用のSDカードを
買わなければなりません。
お買い上げに店員さんがニコニコです。

2017年2月18日 (土)

うさこちゃんは永遠に。

ちいさなうさこちゃんのこと、ミッフィーの生みの親、
ディックブルーナ氏がお亡くなりになられました。
享年89歳。

絵の活動はすでにやめていらっしゃったみたいですが、
いつかまた新作を描いてくれるのでは、と
期待していただけに悲しい限りです。
素朴でありながら読者の想像を膨らませる絵、
色彩を活かした効果あるデザイン。
素敵な作品の数々、楽しませていただきました。
グラフィックデザイナーとして、絵本作家として、
本当にすごい方でした。

ミッフィーは米寿を超えようとも
永遠にちいさなうさこちゃんです。
生み出して下さったことに感謝し、
ご冥福をお祈りいたします。

2017年2月 5日 (日)

路線と対応

春、旅行に行く計画を立てました。
そこで旅行会社を利用することに。

目的地から一番近いホテルと新幹線出発時間を決めたわけですが、
乗車券が、ホテルの最寄駅までのA路線運賃を含むとのことでした。

しかし、ホテルへチェック・インする前に目的地へ行く予定。
新幹線駅から目的地へ行くにはA路線ではなく、
B路線に乗車しなければなりません。

なので、この場合、A路線の運賃を含んだ乗車券は
B路線を使用した時点で使えないのかどうか店員さんに質問しました。

すると。

「言っていることの意味が分かりません」

…え。

私の質問の仕方も悪かったかもしれないのですが、
おかしなことを尋ねたわけではないのに
お客に対してその言い方はちょっときついのではないかと…。
結局、再度同じことを説明する気にもなれず、

「今の質問は忘れて下さい」

で終わらせてしまいました。

そして日を改めて、その旅行会社へ行くと、
今度は別な店員さんが窓口にいたので、
同じ質問をしてみました。

やはりその店員さんも私の質問が
よくわからなかったようなのですが、

「申し訳ありません、もう一度ご説明お願いします」

と言われたので、感動してしまいました。
その返答にありがとうございますと伝えたい。

二度目に説明したところ、ようやく理解していただけました。
よかった、私の説明が悪かったわけではなかったのね…。

店員さんも旅行先の路線図が頭に入っているわけではないので、
質問の意図が把握しにくかったようです。

結果、店員さんは運賃に関してはわからず、
駅員さんに聞いてみて下さいとのお答えでしたが、
目的地の路線図をわざわざプリントアウトして下さるなど、
色々親切に対応してくれました。

店員さんにも当たり外れがある、と実感した一幕。

2017年1月29日 (日)

風邪とアレルギー

先週から風邪をひき、
一週間ほど鼻声で、職場の人から
「ひどい声」とまで言われてしまいました。
自分でもそう思う。

そういう時に限って
口腔外科の受診日があり、
この声でに行くのいやだな、
と思いつつも、行かないわけにもいきません。

しかも風邪をひいているとあって、
通常より口の中は乾き気味。

口腔外科の助手さんの受診中、
「ちょっと荒れてますね」
と言われ、
「今風邪ひいてますからそのせいもあるのかもしれません」
と答えたところ、

「え、風邪ひいているんですか?」

との一言。

受診する患者の声を医師が
覚えていなくても仕方ないとはいえ、
この鼻声が地声だと思われていたと思うと
ちょっと恥ずかしい。

そんなこんなでこの一週間は
家にあった風邪薬パ○ロンゴールドAを
飲んでいたのですが、
この薬は黄色い粉薬です。

先日うっかり、ミシン目で切り離すところを
間違えて中身のほうまで破いてしまい、
黄色い粉が床に散らばってしまいました。

掃除をしながら、
「これ何かに似てる…」
と思ったら、
スギ花粉でした。
春先はベランダにたまるのです。

そう言えばアレルギーの薬のほうは
一週間以上飲んでいません。

風邪とアレルギーの症状が
同時に来ても困るけれど、
ほとんど同じ症状なので変わりない事実。

2017年1月15日 (日)

こわいはなし。

過去の話です。

私がAさんに頼まれてあることを手伝った時に、
AさんはCさんに別の用件を頼んでいました。

なので、その用件に私が直接かかわることはなかったのですが、
トラブルが起きて、AさんがCさんに頼んだ用件は失敗してしまったのです。

その時、Aさんは私に言いました。

「なんで全体を見て、臨機応変に動いてくれなかったの?」

直接かかわっていなかったとはいえ、
トラブルが起きた際、Cさんの近くにいたのが私だったのです。

なので、そう言われた時は私も反省したのですが、
よくよく考えてみたところ、
私は、AさんがCさんに頼んだ用件を知らされておりませんでした。

トラブルが起きた時点で、AさんとCさんどちらか、
もしくは双方に伝達ミスなどの問題があり、
反省すべき点はそこではないのだろうか、
と思い至り、ゾッとしました。

決して自分は悪くない、という気はありません。

しかし、Aさんの口調からすると、
私がちゃんと動いてくれなかったのが悪い、
ということになり、
故に、Aさん自身は「自分はきちんと指示したのだから悪くない」
と思っている可能性があるのです。

自らの非を認めたくないので、
そういう言い方をしている時もありますが、
今回の場合、失敗を他人に押しつけているだけではなく、
「あなたの失敗だからね」
と思い込ませようとしている印象を受けたのです。

実際に私は何ヶ月間も
「自分が適切に動いていれば」
と思っていました。
適切もなにも、
AさんがCさんに頼んだ用件を知らなかったにもかかわらず、です。

幸いAさんとは友人ではありませんでしたので、
以来、距離を置いておりますが、
この件を同僚に話したところ、

「それって洗脳に近いですよね」

との返答。

……否定できない恐怖。

2017年1月 8日 (日)

お年賀

年も明け、仕事も始まりました。
クリスマスっていつ過ぎたっけ。

仕事始まりは新年のあいさつから始まります。
でも実際は燃えるゴミの日でしたので、
あいさつより先にゴミ出し優先でした。
ゴミ回収車が会社のすぐそばからスタートするので、
電車が遅延すると出せないありさまです。

脱線しました。

挨拶です。
新年のあいさつに欠かせないのはお年賀です。
大抵タオルが多いのですが、
会社によってはお菓子の詰め合わせだったり、
メ○ーチョコレートだったりします。

社長は、お菓子の詰め合わせの場合「社員に配って」というのですが、
メ○ーチョコレートの場合は必ず持って帰ります。
1個欲しい。

ちなみに毎年、地元名物のおせんべいを持ってくる会社があります。
けれど、そのおせんべいはお米ではなく、
小麦粉のおせんべいなのです。

以前、その地元を特集したテレビ番組では、

「A市の方はおせんべいと言えば、このAせんべいなのです!」

と紹介していたそうです。

私が知る限り、嘘ではないかもしれないけれど、
本当とも言い難い事実。

2017年1月 1日 (日)

2017年新春

明けました!

1483246121937_2

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年明け早々、年賀状、元旦に届かなかったらすみません。
今回は10枚のみ1枚1枚手書きという暴挙をやらかしました。
25日投函の予定が、30日投函しました。

年賀状の絵柄は新春なのに夏っぽいデザインの鶏にしたのですが、
あんまりそれっぽくならなかったので残念です。

ちなみに10枚で力尽きたので
11枚目以降は市販の年賀状です。
なにやってんだ。

それにしてももう2017年です。
1年1年が早いです。
2000年生まれの方は17歳になるんですね。
覚えやすくて羨ましいです。
最近、書類などで年齢が書く欄があると、
「私って今何歳だっけ…?」
と思う時があります。
正確に覚えていたくないだけかもしれません。

…って矛盾してるぞ、おい!

«赤面。

無料ブログはココログ

リンク